ニュース一覧

クリーンルーム クラス1000導入

今までは簡易クリーンブースでしたが生産体制強化の為にクリーンルームを導入しました。
当初クラス10000の仕様で行く予定でしたが、今後の展開を考えクラス1000導入。
導入後、パーティクルカウンターでの計測値平均300(0.5μm)
作業台上(計10台)では計測値平均30(0.5μm)
計測値平均800(0.5μm)を目指していたのですが、それをはるかに上回る結果となりました。
過剰設備と言えなくもないですが、お客様には安心していただけると思います。
昼夜を問わずご協力いただいた業者の皆様に感謝いたします。

2016年06月20日

黄綬褒章受章

代表取締役社長 奥藤博司氏が黄綬褒章を受章しました。

2016年04月28日

新聞5誌に「黄綬褒章受章記事」が掲載されました。

日刊工業新聞・神戸新聞・読売新聞・毎日新聞・産経新聞に掲載されました。

 

「身に余る光栄」

 「身に余る光栄。取引先の皆さんの指導と、社員、家族の支えがあってもらった。感謝に堪えない」と喜ぶ。
 自動車販売会社で働いた後、父が社長を務める奥藤電器製作所(現・オクトー電器)に入社。1994年に社長になり、2006年に生野町商工会長、13年に朝来市商工会長に就いた。4町合併で朝来市誕生後、4町商工会の合併に尽力した。
 生野町商工会では、青年部の一部によるハヤシライスでの町おこしをバックアップした。参考にするため、神奈川県横須賀市に行き、海軍カレーによる町おこしについて学んだりもした。合併後の市商工会では、竹田城跡への来場者が急増しているのに、竹田の町中の観光客がなかなか増えないことから、商業施設を作ることなどに努めた。今年からは、高校生の地元企業訪問を本格的に始める。大学卒業後に地元に帰ってきてもらうのが狙いだ。

市の将来について「旧4町の全てに観光客が来るようなシステムづくりをしたい」と話している

                                   毎日新聞掲載文より

2016年04月28日

黄綬褒章受章祝賀会

姫路キャッスルグランヴィリオホテルにて黄綬褒章受章祝賀会が開かれました。

ご協力いただいた朝来市商工会職員の皆様ありがとうございました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

今後も更に地域の発展の為に地域から必要とされる企業を目指していきます。

 

2016年09月10日

子育て支援行動計画策定

【社員さん、パートさんが働きやすい環境を創る】
<行動計画>
社員さんパートさんが仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての従業員がその能力を十分に発揮できるようにする為、次のように行動指針を策定する。
1、計画期間 : 平成28年9月1日~平成31年8月31日までの3年間
2、内容
目標1 : 産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周        知や情報提供を行う。
<対策>  ●平成28年10月~ 法に基づく諸制度の調査  ●平成28年10月~ 制度に関するパンフレットを作成し、社員に配布
目標2 : 育児休業等を取得しやすい環境作りの為、管理職の研修を行う。
<対策>  ●平成29年1月~ 管理職へのアンケート調査による実施把握  ●平成29年1月~ 研修内容の検討  ●平成29年度~  研修の実施
オクトー電器株式会社代表取締役 奥藤博司

2017年04月26日